【ゴルフライブ】スライスを改善するスイングイメージとは?

100を斬れない男の基礎中の基礎のゴルフスイング!

今日は小原です今週の weekly レッスンではスライスの改善をアドバイスさせ
ていただきたいと思います
スライスが出てしまう一つの原因としてスイング軌道がアウトサイドインになって
しまうアウトサイドインというのはターゲットの方向に対してこのように左のほうに
振ってしまうスイングですね
このようなスイングになってしまう
いますといわゆる二位遅れと言われる状態が起こってインパクトでクラブフェースが
開いた状態で当たってしまいます
そうなるとボールが右に曲がりやすくなるんですがこれを改善するためにはどんな
イメージでスイングすればよいかといいますと
とても簡単です
体の改定を
正しく行うということですここでいう体の回転というのは回転の量のことです
バックスイングを挙げたとき体の回転が不足してしまう
回転不足と言われるスイングになってしまいますと
このようなトップになってしまいます
後方から見ると
このような形ですねこの状態からてが降りてきますと
アウトサイドインになります正面から見るとこうです
そうするとクラブフェースが開いた状態でインパクトされてしまうわけですね
ここでこれを改善するためにはどういうイメージを持つかということなんですが
背中を
背中ですね背中をターゲットに向けるという意識でバックスイングを行ってください
そうすると
しっかりと体が回って
手元が後方に行きます
このような形です背中をしっかり回すと手元が
回転不足の移駐にも後方に来ますそうすると
正しいヘッド軌道でインパクトをすることが出来ますので
フェースが開いた状態でのインパクト日になりにくくなるということです
この練習を具体的に形から方の練習で行います方から方の練習というのはこういう形
です
ここですねもういっちょやってみましょう
ベタ足の方から方
この練習の中で1球1球バックスイングを挙げた時背中がターゲットに向くということ
を意識して
繰り返しこれ
反復練習を行ってください
まず大事なことは正しく道のように改善していけばよいかということを知ることです
アウトサイドインの改善スライスの改善には背中を回すということでした
そしてこの練習を反復練習繰り返し練習することですね
そうしますと必ず体の動きがよくなって
コースに行った時に飛距離をロスしてしまう
スライスが改善していきますぜひ参考にして頂いてスライスボール改善していって
ください