【ゴルフライブ】シャンクが出やすいアドレスとは?

100を斬れない男の基礎中の基礎のゴルフスイング!

こんにちは。小原です。
今回の動画では、シャンクを改善するための
ワンポイントレッスンをさせていただきたいと思います。
まず初めに、シャンクが出てしまっている時
特にアプローチでシャンクが出てしまうこと多いですよね。
このアプローチでシャンクが出てしまっている時
まず初めに、アドレスをチェックしてください。
具体的に、どこをチェックするかと言うと
ちょっとシャンクが出やすい構えを、私がやりますので
どこに問題があるのか当ててみてください。
このようなアドレスをしていると、非常にシャンクが出やすいです。
バックスイングを上げて、ダウンスイングが下りてくる時に
体が前に行ってしまって、そしてクラブフェースの根元の方に当たって
右斜め45度に飛び出してしまうわけですね。
今、このようなアドレスと言いましたが、このようなアドレスというのは
アドレスを取った時、カカト側に重心が乗ってしまっている場合です。
このように、カカトに重心が乗ってしまっていますと
スイング中に、どうしても前にいってしまう動き
重心が前に行ってしまう動きというものが出てしまいます。
そうなると、クラブヘッドも押し出されて
シャンクが出やすくなるというわけですね。
アドレスをする時に、どこに重心をかけるかということが大事です。
いわゆる重心は拇指球、足の親指の付け根のところですね。
母指球にかけるようにしてください。
そうすると、今までカカトに体重が乗っていた方というのは
足の位置を変えないで重心だけを前にすると
非常に手と体との距離、この距離が近くなってしまいますので
足の位置をちょっと後ろにずらして、重心を前にかけることで
今までと同じ感覚での手と体との距離間
体とボールとの距離感というものを作れることが出来ます。
近く立ちすぎると、どうしてもカカトに乗ります。
後ろに立って、前に重心をかける。
そしてその時、両腕が地面に対して垂直になっている
という点もお忘れなくチェックしてみてください。
今回の動画では、シャンクが出てしまっている方へのアドバイスとして
重心のかけ方、アドレスでの重心のかけ方のレッスンとなりました。
もう一度確認していただいて、正しい位置にしっかりと重心をかけて
シャンクの出ないアドレスを作ってみてください。