【ゴルフクラブ】上級者はマイシャフト

100を斬れない男の基礎中の基礎のゴルフスイング!

[音楽]
カチャカチャが出てきたリシャフトも種類がいろいろ販売されて選択肢が増えてきまし

カスタマイズする楽しみが増えました
新しいクラブが発売されるときにはシャフトのカスタマイズが
できるようになっているのがほとんどです
長さを変えることで飛距離を調節することができるし
重さやシナリオ選ぶことでゴルファーそれぞれの降りやすいクラブに仕上げることが
できる
どんなに性能の良いヘッドを選んでもシャフトが合わなければ
思い通りのボールが打てるクラブには仕上がらない
上級者はシャフト選びに真剣です
中古市場にはシャフト部門があるくらいです
松山英樹プロは高校時代から
シャフトはツアー ad を使っていていい今なお変えていないそうです
変えられないのかもしれません
メーカーは松山プロのために多くのシャフトをストックしているそうです
1年でシャフトはヘタってしまう消耗品であること以前のスペッペと
同じものはもう作られていないので気に入ったシャフトは在庫しておくそうです
それでは我々も maisha 埠頭手に入れたいと思います
重すぎるシャフトだと余計な力みが入って再現性の高いスイングがしにくくなるし
ダフリや飛距離ロスの原因になる
逆に壁すぎると余計な動きをしやすくなってしまい
これも再現性の高いスイングがしにくくなりますクラブを振っていてちょっと重いかな
と感じるぐらいがちょうど良い重さの目安
志田ができるお店には色々な重さのシャフトが揃っているから
実際に打ってみてちょうど良い重さを見つけておこう
一方硬すぎると切り返しでしならないのでタイミングが取りづらくなるし
ヘッドが加速しないので飛距離が出にくくなる
柔らかすぎてもヘッドが暴れてしまい
インパクトがシビアになる上に入射角が安定しなくなるので
高さや打ち出し方向が安定しなくなる
ちょうど良い重さ硬さということで大切なのが
カーボンシャフト
昔は重いスチールシャフトしかなかったんだけどそれだと
非力な人や女性には重かったので
そこで軽いシャフトを作ろうとしたときに当時の技術では軽いスチールを作るより
カーボンでシャフトをつくった方がいいものができたんです
シールは剛性がとても高くてねじれる力に強い
つまり力強く振ってもしっかりしていてヘッドが振るにくいんです
カーボンのメリットはというと設計自由度が高く
基本的にどんな特性でも作れるんだから
スチールでは作りにくいボールが上がりやすいとつ星など
ゴルファーを補助してくれる性能のものが作れるからカーボンを使う人が多い
スチールシャフトは自分でクラブをコントロールしたい人
カーボンシャフトはクラブに助けてもらいたい人と言えるかもしれないな