【ゴルフの裏ワザ】ドライバーの飛距離アップに、腕力は関係ない

100を斬れない男の基礎中の基礎のゴルフスイング!

[音楽]
ことドライバーに関しては道具の進化により曲げずに速く振ることができるようになっ
てきました
ドライバーで何が変わったかというと重さであり大きさです
ドライバーの重量はパーシモンの時代に比べて約100グラム軽くなりましたし
ヘッドの大きさも昔は200 cc かが当たり前だったものが今ではルール限界の
460 cc が標準です
さらにはシャフトも軽量化していて30グラムを切るカーボンシャフトさえ
登場するようになっています
このため昔のドライバーは重たくてヘッドが小さく
短いという特性がありましたが最新のドライバーは軽くてヘッドが大きく長いという
特性を持つています
大なるとスイングが変わってきますジュニアも飛ばせるわけです
コンパクトなトップから全力でクラブを振ってきます
インパクトで合わせるようなスイングの選手はほぼいない
昔の重たい道具でゴルフを覚えたベテラン gopher は大きくバックスイングし
右から左に体重移動してガツン
ボールを叩くというようなイメージを持っている場合が少なくありません
しかし今の道具でそのうち方は通用しません
軽いということが大きな理由ですが
何よりもそういう打ち方に合うように設計されていないからです
スムーズかつスピーディーに動かす事が機能を最大限に生かすコツなのです
それには左手主体で行うのがミソで手首の角度がキープされている
いわゆるたまっている状態から左手を引き上げることでヘッドが降りてくるのです
この時左手が力点右手が支店
そしてヘッドが作用点です
てこの原理を使うことで小さな力で大きなエネルギーおよび
スピードを生み出しているわけです
右手の親指と人さし指でグリップを撮
そこを支点にクラブを動かす
左手でグリップ遠藤小さく動かしただけで
クラブヘッドは大きく動く
ゴルフスイングに内包されるてこの原理を体感するためには
右手が効かない状態でスイングしてみることが必要です
いつものようにグリップしたら右手の親指と人さし指以外をグリップから離します
そしてこの2本の指を支点にクラブヘッドを動かしてみます
小さくバックスイングして首に角度ができているのを確認したらその角度をキープした
まま
左手でグラブを引き下ろしましょう
左手が右ポケットの前あたりに来たら右手の親指と人さし指を支点にして左手を
引き上げますクラブヘッドが
作用点になっておりてきますからインパクトを迎えた後は左手で操作してグリップ遠藤

表方向と逆に動かしてください
そうすることによってヘッドがターゲット方向に加速します
右手の2本の指でクラブを妻のように持ち
ボールを打つことでてこの原理を働かせながら
左手でグラブを操作する感覚がつかめるはずです
右手で普通に握った時にもてこの原理で打てるようになれば腕大きく振り上げなくても
ヘッドを走らせることができるのでバックスイングが自然にコンパクトになります
インタクトで左手を引き上げることでテコの原理が働き
クラブヘッドが加速するのですがこの動作を左手で行ってはダメです
踏み込んだときに曲がった左ヒザを伸ばすことで左肩が引き上げられそれに伴い
左腕と左手が引き上げられます
この時右手が視点になっていればクラブヘッドは加速して腕を追い越すわけです