【ゴルフ】沖縄の風はどの選手に味方するのか!PGMゴルフリゾート沖縄2017最終日1番ホール japanese golf

100を斬れない男の基礎中の基礎のゴルフスイング!

今年の戦いの舞台は
pgm ゴルフリゾート沖縄になりました
7,500ヤードパー71
昨年までは千葉県の総武カントリークラブで行われていた
この秋の大一番
今年は
まだまだ夏の香りのん残る沖縄に戦いの舞台を打ちました
放送席にはあなたにた一度プロにお越しいただいています
まあこの朝日キラキラのリゾート感満載体もコースターチャンピオンコースという形状
にメリハリの利いた
いコースですね bgm ゴルフリゾートオキナワ
本当に来てみるとやりたくなりますねもうここにちょっとしばらく退散したいなと私
思い始めてます
もう1回では満足しきれない構成ですよね
ですから本当に何日か泊まり込んで昨日の反省も踏まえたりして攻め方を考えて変えて
みて何とか攻略したいというねこう意識がそそる
やっぱりレイアウトというかね高解像のねやっぱり青社の素晴らしさも本当身にしみて
感じてますね今週は
大会最終日はこのあとアウトスタート1番が
第一組8時10分スタートの予定になっています
のちょうど竹谷選手あたりですかねぇ
深堀プロの姿も見えます朝一番のドライビングレンジ
これは我々は今7時反省から中継始まってますけれどもここにいる選手っていうのは
どのくらい前で練習用に入られているものなんですか
まあこの練習場での打撃練習自体はまあスタート時間に合わせて1時間前後前ぐらい
から入ってくると思いますけれども実際にやっぱり選手がコースに現れるのは
スタート時間のまあ2時間半
戦後ぐらい前から入って朝食を取ったり
まあロッカーで準備をしたりお風呂場でストレッチあったり
一通り朝のそのトレーニングメニューをちゃんと持っている選手もいますしですがそう
いうコンディショニングを全て整えてます高志高汗ばんだ感じで体がたまっあっ
温まった状態でやっとこの練習場に現れるわけですから
もうアジアの皆さんみたいねもう駆けつけてもうすぐ練習場にまあまだくればいいです

くればいいですけれどもでも本当に全く何の準備もしてないで駆けつけて練習場に来て
少し高
準備体操わずかにねやっただけでましてショートアイアンぐらいからこうアップの
つもりで打ち始めるなんて
いうのはもう全く遺書とできるわけじゃないので
そこでミー賞として悩んでもしょうがないですよね
まあ否定批判に猛練習始まっているという言葉も時過ぎくらいまだもう真っ暗のうちに
もう
クレバスに入ってそうです準備しているんです
あの上司ツアーでちょっと解説をしたときにあの新人戦周波
3時間以上前から入るんですよですから我々中継スタッフがも暗いうちから穀類前に
ゴルフ場のゲートが開く前に自分は入りたいんで枚の乾門を開けてくれませんかって
ゴルフ場側にお願いしに来たのが申智愛なんですよね
ですかそのぐらいやはりこうまあゴルフのスイングって非常にやっぱり2秒以内でね
終わってしまう
出発運動ですから
そこにこうかける選手の気持ちっていうのはやっぱりそのぐらいの準備をしていると
いうことですよね
今ドライビングレンジにはまぁそこ選手ですね沖縄市ファインですよね
今こう
フェアウェイウッドかハイブリッドを軽く粉を
ハーフショットみたいなしてますねこれはどんな狙いがあるんですかね
あのよく片山晋吾選手はこれをもう1シーズンオフの間
ウェッジでやり続けたりするんですけれども結局この
ショートスイングですよねこうハーフショットみたいな腰から腰までの動きの中での
フェースコントロールでインパクトゾーン正確に通り過ぎていればそれで一番ね
ボールは正確にヒットできますから
あ分も眞砂選手はそれを交付やベルトで
ティーアップしてボールをクリーンコンタクトしながら
こうインパクトのインパクトだけではないですよねインパクトゾーン全体をご自分の
フェイス
グラブのフェースの向きを意識して
チェックしていると思います
やみくもにこうフルスイングだけじゃなくてええ
応用抑えたショップで
で少しずつ少しずつこうスイングを大きくして言ってますよね
スイングが大きくなってくるとそれだけクラブの
まあ動く円弧も大きくなってヘッドスピードも早くなってということはクラブの慣性力
が大きくなるのでそうするとやっぱりそこでここからだのねじれる大きさが変わって
いきたいというところの中で
その先ほどのハーフスイングショートスイングのフェースコントロールがインパクト
ちゃんとできているかどうか
っていうところを意識しながらこうフルスイングにだんだん持っていくと
いう形だと思います
小さいにスイングからフルスイングに行けばそのフルスイングのサイズみたいなもの
まで分かりますもんねそうですね
ですからこれどっちか片っぽやるとまたこれあの
誤差が生じる場合があるのでしっかりとこう
先ほどの話からの go up した中で100%のフルスイングをブンブン振って
大きいスイングからだんだん小さくしていく人と小さいスイングから段々大きくして
区長とそれを両方ちゃんとイメージして代替選手は行っているので
そうですねあの先日の彼方にプロがご出演頂いているもあごるでもこの具のスピードシ
ローっていう改めてまた番組登場にあったものをもう一度大事なポイントだということ
でおさらいしてましたけそうですね
でやはりゴルフっていうのはまあこれだけ
まあパターも含めて14本というね普通本を買い分けてまぁ1回のゲームをやるって
いうのはゴルフだけじゃないですか
まあ野球とかテニスとかドスタールスポーツ
ねえ
ゲームやるときは枚パッドとかマイラケットとか
まあほぼ1本とかですよねですがそれだけ長さも重さも全て違うクラブを同じように
使いこなすということから考えるとやっぱりそういうすごく大切なことなんですよね

まあまあ茶の方はクラブ買い替えるときだけドライバーのヘッドスピードを測ったりし
ますけどね上がった下がったそうよ重視でも本当はドライバーからサンド a 時まで
まあその自分自身がフルスイングフルスイングというのは同じ筋電図になる同じ振り方
ですからその自分にとっての100%のフルスイングした時にドライバーのヘッド2
フィードはなメーターサンド維持のヘッドスピードはなメーターっていうのがわかって
ないと
これ例えばコントロールショットも加減ができないわけですよ
そうですよね100がわかってないと分母が決まんないっていうことですから
まあハーフショットた百分の五十音3ことはだったら75/100
っていうその感覚を見いだすためには100はちゃんとわかってないとダメですから
サンドウェッジの
100%の聖句5番アイアンの100%ばスイングムっていうのがわかってれば状況に
合わせて
で特に昨日みたいな風が吹くとやっぱりそのフルスイングだけでシンプルにゴルフって
なかなかできないので
そういった中でスイングを調整しながらヘッドスピードを調整しながらなおかつ昨日
あたりはそのヘッドコントロールフェースコントロールでどういうスピンをかけるとか
かかりすぎないで低い球で打つとかそういうテクニックがある中で距離感も朝なきゃ
いけないっていうところになると非常にやっぱりそれはその基本になるフルスイング
の大切になってきますよね
まず100を知って分母がきっちりできてからこの自分の中でもの刺し
みたいなものをきちんともってないと
確かにこれゴルフって縦の距離感ってすごくデリケートな部分で大丈夫分でそうですね
ですか加えて言うとショットの場合は思いっきり振ればいいっていうフルスイングが
すぐ100で割とわかりやすいんですよでもパッティングって100がどれが1007
っていうのは分からないですよね
そう思ってです
ね畑はもってフルスイングするわけにはいかないのでじゃあどれが100ってなんと
その日プレイする
最長のそのロングパッドよりも長い距離っていうのが一つの100という目安になる
ことが多いので
ですか練習グリーンに行ったらその日のプレーするまあ1グリーンここなんか非常にね
大きいグリーンです
けれどもその良いプレーする20メートル25メーターは多分労務パッドやるねこう
機会があるだろうなぁと思ったら
朝の練習部人で30メーターを転がしてだいたいの距離感をつかんでおけば30
メーターのうちの20メーターかなとか30m のうちの15メーターかなっていうの

その人間の感覚としてはわかるんですねでも23メートルしか転がしていかない5
メートルぐらいの練習グリーンだけで
パッティングの練習をやって一番方いきなり15メーターが残ったら
5メーターの3倍の距離つ強さで打つというのは人間の感覚としては非常に
掴みづらいわけですよ
だから仮分数で考えたらダメなんですね真分数でちゃんと考えるのがまあゴルフの距離
感の大塚6ポイントだと思うので
そのあたりまあショットはだからシンプルな100っていうのは割と分かりやすいです
から
そのあたりや選手はチェックしてそしてまあその中で最後仕上げは少し高コントロール
ショットしたり今日の風の吹き具合をイメージしてちょっとパンチちょっとしたりって
言う選手ももちろんいると思います
はい
昨日はプレイ中最大瞬間風速が17.3m ということでまぁ瞬間的には本当に嵐の
ような風が吹く中のプレイ
選手にとって今日少し穏やかになっていますからその辺の後期方に対するコアジャスト
っていうのも今練習場で確認するんですかね
もちろ
そうだと思いますね
そして昨日それだけ吹いているので
やはりその一番強い風を体験すると
初日2日よりも例えば今日最終日風が吹いたとしても昨日より弱い頭
それこそイメージは出来てるじゃないですか最大の距離あの風に対して脳っていうのが
だからだんだん選手は慣れてくるわけなので
今日そこそこ吹いてもこれだけ天候も良いですし気温も上がってきて
コンディション最高ですからかなり選手はその風に慣れてきている分で
すごいやっぱり
アグレッシブな攻める展開っていうのが京見られそうな気がしますね
ベテランの宮本勝昌選手ですこう
スティックをアドレスに置く選手は本当に増えましたよねはい
これやっぱりボールとスタンスの間に贈っていうのはやっぱりそうなんですよね
高ポイントなんですねぇー
これ例えばなぜここオールポスターズの畔に置くんですか
あのパッティングみたいにゴールの真上に目がないじゃないですか
入っ線が車内がですからそのボールが飛び出していくターゲットラインっていうのは
斜めからアドレスして見下ろしてるわけですよねですからその斜めから見下ろしている
ラインのボールのセンっ
に意識して号クラブを振り抜こうとすると
まあいえば錯覚が起こるわけですよ
だから実際のターゲットラインっていうのはどの方向かなっていうとその今も3周
分かると思いますけどこれ構えると大体目線のちょうど下ぐらいアドレスした時の目線
のちょうど下ぐらいにこの
のガイドスティックがあるわけですよねそれをちゃんとボールのターゲットラインと
平行に合わせてあるわけなんで
ですから目のましたのガイドスティックに対してスイング軌道まっすぐ振り抜けば
オートマティックにボールの
軌道のところもちゃんとターゲットラインに黒ベッドがつケアに振り抜けてるわけなん

見てくれたからだいたい目のしたでしょそうですね柔道がここでターゲットラインと
いうのをその錯覚をしないようにしっかりと意識して
その方向に向かってしっかりと振り抜いているということですよね
ターゲットラインの明確に取れてない私のような選手は右肩のあたりでボールとか
アドレスを合わせるのでちょっと右に構っちゃったりするんですかね
ですかターゲットラインのそのボールのところにマーレイ醜状だとグリーンマットに
こう白い線が引いてあって
でボールの時にその白い線の真上にボールを置いてその線に沿ってまっすぐフローって
いうと
ボールっていうのは打ち出し角があるじゃないですか
斜めに飛び出しますからボールが遠いところにあって斜めに飛び出すと構えている
目線で見るとまっすぐには見えないですよエアー
そうで分かりますアロフトがレイドのまんま水平に飛び出せば割とそのターゲット
ラインが目の真下に遭ってもすぐが号嵯峨ないんですよね打ち出し角が出てくるとこれ
があの二次元ではなく三次元になるので立体構造になるのでまっすぐ内田式
伏せる角度っていうのはまあいえば
打ち出される角度がロフトが多いクラボード右に向かって飛び出すような感じに
目線から見えるので右斜め前にこそでそうですねはい
その辺の誤差が非常に出てきやすいので
その辺を勘違いしないように錯覚しないようにスイングの高正しい方向は
ガイドスティックに沿って一生懸命振っているわけですよ
やっぱり目の錯覚校当たり州によって角度って変わってきますねー
今ねいろんなメーカーさんで売り出してますけど本当にあのうえきばち道
シチューみたいなものでも代用できそうですよね十分だよーできますねはい
よいいですからそのボールのこのねまぁドライバー今金亨成選手出てきますけど
ドライバーの打ち出し角て
10度から15度くらいの間ぐらいで飛び出すわけですよね
ですからボールのところにターゲットラインというか
ガイドスティックみたいなものを勝てば政治なんかこう打ち出し角に沿ってこう
差し込むわけですよ
何も芝に斜めの芝にだから時間にこういう時間の芝で練習できたら地面に総理に土に
こう
シャフトさすことができるのでいろんな番手に
合わせた打ち出し角に合わせてシャフトターゲットラインに沿って斜めに差し込んで
それを
アドレスした方向から見てでその方向に振り抜くのが本当のまっすぐなんで
な方法この地面に沿ってこうまっすぐにしてしまうと
あのアマチュアの人は何
ですかねぇ
ターゲットラインは本当こうなんだけど地面に沿ってまっすぐっていうとそれに沿って
振ると会う際デーになりやすいですよ
こうなりますね外から家がそうだからそういうことでこのアドレスする向きとクラブ
ヘッド振り抜く方向
なんとなくまあ勘違いというか錯覚に陥って間違ってスイングしている人も非常に多い
ですよね
プロは打ち出しの方向だけじゃなくて飛び出す打ち出しの角度まで意識して振ってるん
ですねそうで練習場で
ですからまあ同じようなスイングで目をつぶっと同じようにスイングしてるんです
けれどもやっぱり上級者ほどこの長いシャフトのドライバーの方がまあシャフトプレー
もフラットになりますしスイングプレーもフラットになりますから
振り抜く感覚のフォローの振り抜いていく感覚は何となく左に振り抜く感じ
のイメージに近くなりますし
アップライトになって一度しかが高くなる小隊になればなるほどこう
右に向かって放り出すようなイメージが本当のストレートラインという
ことにもなるので
その微妙な感覚はやっぱりプロでも
もう一日々誤差がありますからそれを客観的にこうた毛とラインをスティックおいて
確認したり
まあいろいろシャフトをいろんな角度で交差したりして
リアルにそれを自分の体に染みつけたりという練習をするわけですね
アドレスのターゲットラインなんかこうなかなかで練習行デースティック持っていけ
ない方なんかこう家の中にあるまっすぐな線とかそうです角度で確認することで少し
補います金を入れますね
クラブを持たないでもこういうそのあのご自宅のリビングにあるダイニングテーブルの
下に手を入れて
でこのダイニングテーブルがターゲットラインと真っ直ぐだったそこに向かってこう
ねっ
グリップだけ
香机の下に入れながらまっすぐ振ればいいサイドアウトなったり亜夫妻が陰になったり
したら机叩いちゃうじゃないですか
てが浮いたらそうでそうで駄目ですねそうなんですだ燕を持たないでなんかそういう
リビングの机だけ利用してもシャドースイングできますし
壁を相手にしてもいいですしいろいろなんかそういう行為への中の柱だとか壁だとか机
だとか椅子だとかもうそういうものがスグ
まあ練習機に変わってしまうという
これもとことん1番ホール7中継を
見ていただきながらこれやっていただきたいですねがねああ
このゴルフ番組をスタジオじゃなくてモデルハウスでやりたいですね
家の中でこれだけお金かけなくって4練習機が顎削っていうモデルハウスのリビングの
家具とかそういうのでこういう練習できますよっていうのも結構面白いんじゃないです
かねえ
ドクターもは頃でいきますかパサージュのサイクリスト
4コースですけど舞剣私も行きたいなと思っていますけれどもう全然音別の映画見
ながらとか
まあ昨日ね日本シリーズ遂に決着ついちゃいましたけど
ああいう野球見ながらでもいいんですよもう見ながらちょっとイース相手に練習とか壁
相手にちょっと動きながらテレビ見るとか
ただそういうのも面白いんじゃないですかねそうですよね
家の中だったら24時間いつも自分ができるタイミングでしたいときにそうなんです
正しい練習機っていうのは
あの正しい動きをするために
助けてくれるのは練習機じゃないですね
これ深いですね
正しい動きをしないと邪魔になるっていうのが
その身になる練習きたんですよ以外も矯正してくれそうといっしょですか頭で考えずに
とにかく無意識に今みたいにテレビ見ながらとかねまったく校
あの
自然に何も考えずに動きながら間違った動きになっちゃうとなんか練習木が邪魔して
それに当たっちゃうとか
そうするとだんだんただし動きが細胞に講師についてくるわけなんでえもうなんか栄光
ブロックされたような練習気をつけているといい動きになるって言うのは外すとまた
間違っちゃうわけですよ
実際ランドの時外しますから練習気をつけて自然にうまく動いてしまうのは細胞が覚え
ないじゃないですか
それをつけている限りはうまくできるけれども外した瞬間に細胞がちゃんと記憶して
ないから
ただだそういうのはいい練習方法ではないんですね
片山選手がよくこういうシーンでドライビングレンジでまぁ今日もいろんなグッズ出て
きましたねっていうのがあるじゃないですかね
でそういうのは彼のいいところはだから正しい動きをしないとなんか突き刺した
シャフトに当たってしまうとか正しい動きをしないでグリップがインパクトで
持ち上がるとヘッドカバーに当たっちゃうとか
ああああああ
そこにあたらないようにさえして無意識に動いていればすべて正しい動きなんで
それをもう本当に正確にで緻密にう
もう本当にこう飽きることなく
続けてるからあれだけの完璧なスイングが
まあ体で覚えていると思うんですよね
ゴルフの練習って反復練習ですからそういう方法でこう染み込ませるサティくんですね
頭で考えてこうしなきゃいいしなきゃって言って一発一発っていうのはその神経細胞が
刺激されているだけでにょの細胞の細胞自身が記憶を積み重ねている理由
ではないので
なるべく高神経細胞というかねこうさ脳の部分は使わないで
右脳で無意識的にこう
動きを
体に刷り込むって言うのが正しい練習ですから
そうじゃないと昨日の風なんかじゃあ体を動かなくなっちゃいますよ
スイングなんて10秒20秒あるものじゃないですかねもう
の間で
スイングの動きを一生懸命正しい動きをこうやってこうやってまっすぐ党なんて考えて
たら昨日の風なんかも
マネジメント全くできる余地がなくなるじゃないですか頭の中で
人間のそういう船こう考える思考のキャパっていうのは決まっているのでそういう振り
方にばっかりそれに費やせとしてたら大
風を読んで何番で恋魂売ってとかって言う
もう今ネジネーションも出てこないし攻め方のマネジメントも全く昨日なんかはゼロに
なっちゃうんでもうそれはとめどもなくスコア
は崩れていくと思うんですよね
どこぞの一番フォール生中継第16弾
平和 pgm championship pgm ゴルフリゾート沖縄よりお送りし
ています
今シーズンの国内男子ツアーは23戦目にあたります
テーマ pgm championship
3日た思えたところのリーダーボードです
ソンヨンハンガー
人に3打差をつけて単独のトップで最終日を迎えます
4アンダーがちゃん煙そしてトップと4打差
パクサンヒョンと版が3安打3位たいけれど
上位陣は外国人になりました
そうですねまぁ外国人も含めて日本人も含めてこういうやっぱり今のトップの
ランキングというかね順位を見るとまぁグローバルに
2は大当たりや浮いている選手やっぱりその今回はやっぱり通常の本土のねえ
芝生と全く違う環境での試合になっていますからその中でやはり
グローバルに日本だけではないいろんなところのツアーを体験してきた選手
外国人も含めてもちろんそうですけれども
まあ手嶋多一選手もやっぱりアメリカ大学行ったりして
向こう育ちだったりする部分はあるし
池田選手小平選手は世界のメジャーを経験しても藤田選手もちろんそうですよね
ですからそういうそのいろんな好環境いろんな芝生の種類を経験してきた選手が
やはりちゃんと上に来てるなという感じはしますね
[音楽]
そういう意味では世界のゴルフ場を経験してこの沖縄の
新しくトーナメントを開催するコースにもいち早くアジャストしてじゃあ感覚を適用さ
せているという選手が上位に来ているそうですね
昨日の本中継の中になって生まれますさんなんかも
バミューダて一番難しいらしいんですよね選手はよっしゃいますねですからまあ
いろんな種類ありますネバーいうだったりき布団あったり
あのまあ日本だとこうね高麗グリーンがあったりとかでしますけれど分一番子を読め
ないというか
適切な的確な持ち方がなかなかわからないグリーンだとまぁそのままだ一番難しい条件
なんですけども我々元気ですた頃は本土でも
もらいグリーンの試合が多かったし
4
今はどうしてもなんとなく男女の2はともに
ね日本の本土の中でまぁ北から南からずっと移動してても常に
コンパクションも同じスティンプメーターでグリーンのスピードも同じ
同じ芝の種類で毎週やってるっていう感じになってますのでそれだとなかなか今週は
対応できない感じですね
3日目の風と雨の影響でトータルアンダーパーがわずか7人という展開になっています
さてそれでは
トータル1アンダー6位タイグループにいる池田勇太選手の機能のハイライトです
まずは7番パー4の第3ダ距離が残りました
まあすごい公ってかての音が入ってますね枚クリームはぜいぜいでこれもうスピン
どころじゃないですよねもう全ても風に押されてしまって
アプローチが距離感こんなに狂うとかそういう感じじゃなく硬いの分かってて速いの
分かってて売ったら猛アプローチでサイマーゲストで戻されていると言う
そして続く8番はパッティングこれが右に流れてダブルボギー
ですねー2ホール連続ダブルボギーが腐りますけれどもね
曽田たい本当に今年の池の選手を見てみると
メジャーで苦労してききた経験がすごく身になって
こういう悪条件とか自分のゴルフがちょっと悪くなってきたところでの豪華マンの仕方
っていうのが
すごくできているような気がしますよねこの16番もこれうねバーディパット外れまし
たけど素晴らしいティーショットを打ちましたし
この辺のキャリアが
難易度の高い日本を自身2度目のそうです
あピョンつながっているんですかねぇ
18番はパー5手前からもうパターでいきましたね
ぶりでしっかり寝バーディとってトータルアンダーパーにしっかりとまあ一応
我慢して抑えたと
16番先のバーディパッドの前に数石ねリーダーボードを見ててトップとちょうどその

6ストローク差だったんですねエアの16番のスーパーショットでこれを入れて
バーディー取ったら5ストローク差じゃないですか
18番のバーディも含めると最終日を迎えて多分
4ストローク差5ストローク差というとまだチャンス残ってるぞってその辺の読みもね
ほんとこうリーダーボードを見ていた見つめて他校彼の中にはあったんで
その辺はすごく成長したなと思います
[音楽]
さてそれでは得度ご紹介する1番ホール
空撮でどんなホールだのか皆さんにご紹介したいと思います
通常は527ヤードのパン5として営業されている
ポールになりますね想定ですからちょうどこの左のバンカーの手前の平が一つお台場
みたいなところにちょうどティーショットランディングポイントがあってそこに
まあ普通のカッターだったら鬱の t カードとフルショットで
ちょうどいくようになっていると少し高を蛇行するようなフェアウェイで一度右に
膨らんだところにセカンド地点を持って行って100ヤード以内のサードショッポーの
いう設定の通常のパー5なんですけれども
今回はこの t から打ち出すと…