ゴルフスイング 素振りの注意点とポイント

100を斬れない男の基礎中の基礎のゴルフスイング!

こんにちは右手のゴルフのかタイマー駅等です
今回はすぶりについてご説明したいと思います
よくコースでドライバーを打つときに
素振りをして実際に撃つそうすると
まったく滑り度が違うスイングをして
大きな光将としてしまうそういう形多く3
見かけます
どうゆう
ふうにやっているかだいたい
素振りで
バックスイングをここに上げてトップはこの位置で

そしてインパクトスクエアにフォロースルーはこうダース
いろんなことを考えながら素振りをして
実際のボールを打つだいたい3ショットです
素振と実際のショットに違いのある方はまず皆さん何カ所もチェックポイントを持ち
ながら
素振りをしている
チェックポイント確かにあるかもしれませんでもその日
構成いってチェックポイントは一つにしてください
その一つのことを
ちゃんとチェックしながら素振りをやる実際のショットもそれに伴ってやっていく
これが大切ですそれともう一つ私が
素振りで
大切にしているポイントはリズムとか店舗です
これを素振りの時実際に撃つ削ぎ
同じ店舗で行ってください
同じほど
大きさ同じ強さでの素振りをする必要はありません
店舗を同じにするんです例えば
1
にっ
軽いですけど店舗はこの店舗です
そして打つ時も12私のスイングのテンポは123ではありません
私の店舗は12です
12でもなく12
一度にが同じ
長さで言えるように
これが私の素振の時のチェックポイントです
皆さんもぜひここに注意しながらテンポリズム
それは
素振の時実際に撃つ時同じにしなければいけません
そうしていくとチェックするポイントなんで一つもあれば十分です
それ以上何カ所も何カ所もチェックポイントは持たない方がいいです
練習する時でも実際の光線をチェックポイントは一つです
何箇所もあってもそれを全部クリアすることは可能です
一つのチェックポイントを持ってあとは
リズムテンポそこを考えながら素振りをする実際に打っていく
そこに注意しながら
皆さん打ってみてくださいでは実際に今から
素振りをして
実際に打ってみたいと思います
まず素振りですね
2
このぐらいな店舗で打っていきますでは実際に家ます
だいたい
素振と同じ店舗で打っていくわけです
チェックポイントは一つだけ例えば
絶対に早く右や足を上げないとかしっかり
右に体重を乗せるとかチェックポイントは一つだけですそこに注意しながら皆さんも
練習してみてください