グリップの向きと正しい手の動かし方とは?

100を斬れない男の基礎中の基礎のゴルフスイング!

ゴルフスイングの
ての起動についてです
の起動はやはり上から下に
スイングが完結しているうちにうまく打っていきたいですゴルフクラブの構造上
このように
重さを見ると必ずこの
右手がはに重さがありますですのでどうしても
右手が上になっているというよりは右手で重量をこのように持っているという状態が
多くなってしまってイメージがなかなか取れません
クラブを持たないゴルフのイメージで行くとてがこのように重なった状態をイメージし
て常に
右手が
左手の上にあるようなイメージを持って
インパクトから
テークバックから
ダウンスイングインパクトとこのように作ってあげる必要があります
ですがどうしても右にもってしまいますので手をこのように旋回してしまったり
あとは手のひらを上に向けてしまったり
手の甲
このように保つような形で
動かしてしまうようなスイングのイメージが出てしまいますので
この形のまま
体を
動かしていくということが大切になります
構えた状態で体の向きをこのようにすると右で脳が上にあって左手のが下にある状態が
できます右手で重さを持ってしまいますと
このように右手が下になって左手が乗っかっているような形
なってしまいます
なので
バックスイングまでは
バックテークバックからバックスイング常にスイング中
右手が上にあって
左手が下にあるっていう状況
考えてスイングしていただければいいと思います
手首の動きも力を抜いてそのまま入るとヘッドを動かしてしまう動きをするとこのよう
なねじれが入ってしまったりこのような
ねじれが
20というか俺が入ってしまうのですが自然にての方だけ動かして上から押さえていく
ような形になると右手の平はこのように少し右手に角度ができて
左手は
鋼牙に少しやら書く
角度ができるような
イメージになります
このような形で打つと最終的にグリップをしたときに
このようにてが沿っているような形で
ハンドファーストと言われる形になりますそれが自分自陣でヘッドをこのように回して
いくような動きを使ってしまいますとハンドファーストの時間というのは
なくなってしまうというか後ろにある時にしかハンドファーストではなく
このいってお返してしまったらハンドワースの時間というのはなくなってしまいます
ですのでイメージとしてはからでイメージを出したとしての右手が上左手が下の状態で
左手の角度というのは
これに少し丸くなるようなイメージそして右手の角度というのは
このようにちょっと沿っているような形になります
それをクラブの重さが
ありますのでその重さが残るので同じようにスイング中このような角度が作れるように
なると
自然な角度でスイングできるようになりますただ
イメージでこの自分でこのようにするというよりは自然に身体と一緒に同調して動かし
ていくとこのような姿勢になっていきますので
イメージとしては手を使ってこのようにクラブヘッドを振るような動きをせずに
しっかりと
右手が上な状態のまま身体と一緒に誘導していってあげてスイングを完結していただく
と新しいインパクトを迎えられると思いますのでその辺を注意して練習していただけれ
ばと思います