【ゴルフの裏ワザ】プロとアマのインパクトはここが違う

100を斬れない男の基礎中の基礎のゴルフスイング!

だから安-

プロの説明では
天野インター
ボールの下の部分の
クラブフェースのしたという
ボールの南那珂
地球で言うなら赤道ですね
スコアラインの下から3本
目から4本の指を行って
います
被告が違います
ミツバショウガクラブ
フェースとボウルの両方で
違うわけです
クラブケースにもボールにも
当然
というものがあります
それが比べて世界は
リーディングエッジから
第1回22mmスコアラインで言う
下から3本か4本があった
そして
同流派
真ん中
赤道のアタリが
新になります
クラブフェースの新ではない
ところで
ボールの新ではないところを
行った
言うわけですよね
そうです
逆に
クラブの不振で
ボールのシーンも見つかった
相手域の飛距離が出て
とスピンがかかるのです
アマの方が
クラブのしんで
ボールの親王てないのが反動
パース人をインパクトで強く
して打つと
ロフトなった
ボールが上がらないの
ではないか
ボールにスピン
東まらないのではないか
という
心理的なきオフからなんです
実はまったく逆でクラブの芯
でボールを受けたダウン
ブローでもボールは離した
スピンも持つ
ともかくあります
一見している
ルターでも明らかです
怖がらずにクラブの新で
ゴールの信号を受けています
インパクトはどうすれば
できるのでしょうか
変な言い方かもしれませんが
インパクトだけを考えて
今日のようにはなりません
いいスイングをしたら
コンタクトも良くなる
ということなのです
無関係で言う
正しいスイングが原因で
ただしインパクトがあって
正しいスイングを
手に入れればもれなく正しい
インター
行ってきます
フェイスのしんで
中心のす
まずハンドファストです
アドレスよりも
コンパクトではハンドオフは
布団が強くなります
半導体ostでアドレスをしても
都では半導体ostがほどけて
でも人が
の後ろにある状態で
コンタクトしてしまって
います
半導体押すとの現地ですね
それを
無理やり
腕の動きで半導体astを強
めても
意味がありません
左脇を締めながら体の回転で
半導体usd
強める
正啓は体が回転するから
ハンドオフはアストンが強な
ってしまうのです
左脇の氏名と
開店ですよね
ダウンスイングから
インパクトに欠けて体は必ず

一転していきます
左脇を締めて
体を回
天山されたら
ドアハンドルパースとは
アドレスよりも強くなります
ハンドオフはストが強
とかくもう少し立ちます
だから
クラブ政府の指針で
ボールの赤道2
ことができるのです
腕の力だけでクラブを振ろう
とするからハンドオフは布団
が維持できず
ボールの手前で行動計画
ictをしてしまいます
いわゆる位
市は繰り上げ
土肥雄治型の紹介です
これをするとボウルには
巡回
大場スピンがかかりやす
くなった
ボールはならず
東まりにくくなります
ボールを無意識に上げよう
として
逆にはなりにくい
東まりにくいボールを打ち
定員は計です
ハンドファースト
脇を締め体の回転ですよね
クラブフェースのしんで
なお中心のうちの1本
ただしインパクトが
正しいスイングで
手に入れる
ダウンブローに移る被害
があった
泣きました