工藤会組員の支配人襲撃が背景。福岡のゴルフ場で暴排運動が進まない理由。 – Ratel News

100を斬れない男の基礎中の基礎のゴルフスイング!

各地のゴルフ場で
受付地に暴力団員でないと
先生させる取り組みが進む中
全国最多の5つの指定暴力団
のかかえる福岡県では3割
近くが
導入を見送ったままとな
っている
16年前の支配人襲撃事件が
起きいているとみられる
沢田れたら
他のプレイヤーに迷惑
がかかると機が気では
なかった
昨年9月
暴力団に属しています.
という項目にチェック
を入れる制約らも
利用申込書に導入した
福岡県北部のゴルフ場
支配人の男性が
導入初日をこう振り返った
地元警察署から2人に来ても
らったという
これまでトラブルはなく
支配人は
周辺でも導入が進んだと話
した
こうした取り組みは
三四年前ごろから全国で
始まり今では
大半のゴルフ場で実施
されている
九州や関西の
約800クラブが加盟する
西日本ゴルフ場支配人会
連合会によると九州では
長崎おいた宮崎
鹿児島の5県で
すべての加盟クラブが誓約書
を導入する一方福岡では
今年3月時点で
49クラブのうち14が導入
していない
福岡で導入が進まない背景に
平成12年10月の殺人未遂事件
がある
北九州市にあるゴルフ場の
支配人が
担当で胸を刺され
特定危険指定暴力団工藤会の
組員らが
有罪判決を受けた
事件は
工藤会系組幹部が
利用ことはられた直後に起き
ており
福岡地裁小蔵支部の判決は
幸福のためと認定した
福岡に2つあるゴルフ場
支配人絵画
26年10月に飛来いた会合で
県警側が誓約書導入を呼び
かけたが支配人らはこの事件
後年当に
もめごとになったら誰が守る
のか
そこまで言うなら
すべてのゴルフ場に警官を
配置してほしいと反発した
西日本ゴルフ場支配人会
連合会も地域ごとに事情が
異なるので
制度化は難しいとの立場だ
暴力団問題に詳しい
加藤久雄弁護士は
ゴルフ場によって更商事の
よう
同一の誓約書を導入するなど
業界が一致団結して