【ビデオ】ロングホールでお悩みの方へ【ゴルフライブ】

100を斬れない男の基礎中の基礎のゴルフスイング!

こんにちは。小原です。
今週のウィークリーレッスンでは
飛距離アップに焦点をあてて
話をさせていただきたいと思います。
飛距離アップの要素と言うのは、たくさんありますが
今回は、腕の動かし方に焦点をあてます。
特に、インパクトからフォローの動きに関して
まず私が、飛距離が出ない打ち方
そして、飛距離が出る打ち方
2つをやってみますので、ちょっと見ていてください。
まず1つ目、飛距離が出ない打ち方です。
少しわかりやすくするために
ゆっくりとした動きで行います。
このような腕の使い方です。
2つ目の正しい動き方、飛距離の出る動き方というのは
このような形です。
このような形です。
何が違うかというと、腕の動きが当然違うわけなのですが
正しくアームローテーションがされています。
正しいターンオーバーと言って
左手の上に右手が入ってくる
という形が取れていると言うわけなのです。
この時に、インパクトからフォローにかけて
このようにターンオーバーがされず
左手が上、右手が下という状態が保たれながら
フィニッシュまでいってしまう方、とても多いです。
そうなってしまいますと
クラブヘッドを最速な状態に持っていくことができません。
クラブヘッドが、いわゆる走るという状態が作れず
加速されないというわけです。
この動きをスムーズに行うための注意ポイントが
グリップエンドの向きです。
インパクトからフォローにかけて
グリップエンドをボールとターゲットを結んだ
ターゲットライン上に向ける。
という意識を持ってください。
グリップエンドを、ターゲットライン上に向けるという意識です。
そうすることで、自ずと左腕が地面を向く形になり
右腕が左手の上に入ってきます。
この時、右腕がしっかりと真っ直ぐターゲットライン上
ターゲット方向に真っ直ぐ伸びていることも理想です。
それでは、もう一度やってみます。
グリップエンドの向きを、ターゲットライン上に向ける意識で打ち抜きます。
そして、ポイントとしましては
フィニッシュで、終わった後です。
練習では打った後
この肩から肩のスイングにおいて、自分の目で
ターゲットライン上に
グリップエンドが向いているかどうかというのを
目視するという練習を、繰り返し行ってみてください。
くれぐれも、やったつもりで終わりにしない
というのがポイントです。
必ず自分の目で確認すると言うことです。
是非、なかなか飛距離が出ない
と言うところでお悩みになっている方
この正しいターンオーバーが出来ているかどうかを
再確認していただきまして
飛距離アップに役立てていただきたいと思います。