「ゆるみ」がショットの致命傷…【ゴルフライブ】

100を斬れない男の基礎中の基礎のゴルフスイング!

こんにちは。小原です。
今週のウィークリーレッスンでは
ショットをより安定させるための
ワンポイントレッスンをさせていただきたいと思います。
それは何かと言いますと
「グリップのゆるみを起こすな」という事なのです。
スイング中に、特に左手の3本指
小指、薬指、中指
この3本の指がゆるんでしまうことで
不安定なショットを打ってしまう。
そういったケースをよく見かけます。
特に、バックスイングを上げて切り返す瞬間
この瞬間に、この3本の指がゆるんでしまって離れてしまう。
こういうふうに、手の平から離れてしまうというケースを見ます。
またフォローでも、ここで左手の小指が少しゆるんでしまって
というシーンをよく見かけます。
そうなってしまうと、非常にショットが不安定になってしまいます。
スイング中
この3本指をしっかりとホールドしておくという事が重要です。
ここで、よく質問を受けます。
グリップというのは、柔らかく握るものではないのでしょうか?
というふうに言われるのですが
それぞれのプレーヤーによって、グリップの握る強さ
いわゆる握力の強さが個人差がありますよね。
ですから、そのゴルファーが、スイング中にグリップが
今言った3本指が離れない程度の強さ
というものが必要になります。
ですから、力のあるゴルファーにとっては
柔らかく握ってもゆるまないでしょうし
また、女性あるいはジュニアゴルファーのように
ちょっと力のないプレーヤーにとっては
かなりグリップを強く握る意識がなければ
グリップをホールドできないというふうに
プレーヤーによっての感覚の違いというものが出てきますので
一概に柔らかくという表現が
全ての人に当てはまるかと言うと
そうではないという事を
まずご確認していただきたいと思います。
それでは、実際に打ってみたいと思います。
アドレスで、しっかりとこの3本指を握りしめて握っている
という事を、まず確認してください。
最初からゆるんでいないという事です。
更に、ポイントとしましては
私は今、3本指と言いましたが
10本全ての指が均等に握られていることが理想である
というところは、再確認していただきたいと思います。
特に、この肩から肩の切り返しです。
この切り返し、フルスイングでも同じです。
肩から肩のスイングでも同じですが
この切り返しの瞬間にゆるみやすいですから
まず、そこを注意します。
そして、フィニッシュでも3本指がゆるんでしまって
離れてしまうことのないように
しっかりと確認しながら練習をしてください。
是非、このグリップのゆるみを起こさないように
練習をしてみてください。
そうすることで、今まで緩んでしまっていた方は
必ずショットが安定していきます。
是非、改めて再確認してみてください。