【ビデオ】体重移動で飛んじゃった?【ゴルフライブ】

100を斬れない男の基礎中の基礎のゴルフスイング!

こんにちは。小原です。
今週のウィークリーレッスンでは
体重移動についてのお話をさせていただきたいと思います。
この体重移動
正しく行うことが出来れば、最大の飛距離を生む。
そしてダフリ、あるいはトップ。
こういったミスヒットを減らすという事にも、大変役に立っていきます。
そして、とりわけこの重心移動
体重移動を行う上で、まずバックスイング。
ここを正しく行うということが、非常に重要になっていくのです。
どういうふうに体重移動、右に重心を動かせば良いか。
これは、単純に右の足に体重を多く加重していけば良いか
という事ではないのです。
ここで、多くの方が間違えてしまうのが
重心を加重しすぎてしまうという事なのです。
どういうことか。これがもし正しく
今から私がお話しする内容が
ご自身が正しく出来ているかどうかのチェック方法をお知らせしますので
ぜひ確認してみてください。
それは、どういう事かと言いますと
まずバックスイングを上げて、トップで止まってみてください。
この時、右の足に重心を感じられると思うのです。
その時、足の裏。
足の裏のどこに多く加重されているかというのを意識してください。
つま先なのか。あるいは小指側なのか。
踵側なのか。土踏まずなのか。
もちろん正しいのは土踏まずです。
ここでもし、他の3つの場所に多く加重を感じた方は
土踏まずに重心がくるように、体を少し動かしながら
重心がつま先にくるようなバランスを取るようにしてください。
そうすることで、正しい重心移動を行える
まずバックスイングが完了します。
仮に、これが小指側に体重が乗ってしまった場合
体が大きく右にずれてしまってダフリ、トップ
また飛距離のロスという部分が生まれてきてしまうわけです。
ですから、しっかりと重心が土踏まずに乗っているかどうかの
確認を行ってください。
そしてそこから切り返しは、土踏まずを蹴るようなイメージで
左に重心をシフトしていくわけですが
そこから先の話は、また次回以降に詳しい話をさせていただきますので
まずは今回、バックスイングで
しっかりと右の土踏まずに重心が乗っているかどうかの確認。
そして、そこから切り返しは
左足で地面を蹴るようにして重心を左に動かしていく
というところまで確認していただきたいと思います。
この動きは、決して練習場で行わなくても
素振り、シャドースイング等
自宅の中の練習にも適しています。
今の時期は、とても寒いですよね。
練習場に行かなくても、自宅で確認できる事だと思いますので
トップで、どのような重心配分になっているのか
ぜひご確認していいただきたいと思います。