ゴルフの基本 パターのストローク方法

100を斬れない男の基礎中の基礎のゴルフスイング!

インドの打ち方についてです
打ち方というより考え方なの
ですが
送信者の人に応援旗を持って
このように
そういうとうとすると
ボランチめのボールをただ
ころがすだけなのですが
クラブヘッドが
このように
地名地面の
方に向いてしまってボールの

無かない状態がバック
スイングであって
4日後にすぐに
このように
フェイスが海に向いてしま
います
そうなると
当たれば氏は本当に1.しか
ありませんので
また野生型あるのに
なかなか本当に正確に
またってくれません
ですからパターの動かし方
として本当に
なかなか広くはないのですが
なるべく視点をどこかに
作らないでこういう
試験を作っておきではなくて
全体が
閉校に帯同
イメージを常に持って
前月から見るとクラブ取り
上げているとフェイスが
紅白戦で下を向いて
真ん中で戻ってきて上がり
パワーっていくとこのように
指に向いてしまいますので
あまりこういう動きを使わず

なるべく上げるときは下を
向かないように
意識して担当
日本のかないような
イメージである
また事態を動かして
カニ漁にすると
平常がずれると真っすぐで
どのあたり年ボールがあ
っても
あたりをなすごく異なります

あまり口ただ変動の上下動
だったリーフs面が高
いろんな方向に向くような
打ち方になってしまいますと
ボールに
あたりに苦しいタッチもあわ
なくなってしまいますので
なるべく肩跛行横に
そのまま物体ごと動かす
ようなイメージを持って
練習していただくとよいの
ではないかなと思います