ヘッドが動かなければ飛距離、方向性が安定する安定する(腕の使い方で考えるゴルフスイングその2)

100を斬れない男の基礎中の基礎のゴルフスイング!

次にグレーの使い方もいい
イメージで
動力のイメージです
動力はなるべく体を回すこと

下半身で身体を回すことで
クラブを動かしていくという
動力に
規定ことが
大ではないかと思います
でなるべく下半身手
カナダで下半身を強化して
行くと必ず体全体がこの
ように
丸ようになっていますので
特に上半身はそんなに
使わないようなイメージで
動かせるのではないかと
思います
このから阪神の動力に対して
上半身は
このクラブの
ヘッドの動きが
下半身強化していく
クラブヘッドや
シャフトの動きを
抑制して上げるような
役割を
考えながら
スイングすると
遍路が入れずにベーカー氏の
開店で
状態が
状態も一緒にぐるっともあり
ながらボールをとらえる
ことができます
でもで下半身を使って具体
的な
開店のイメージを作って
上半身腕の役割は少しこの
クラブが優れたり
基本的には暴れる動作を
しないような
イメージをまず作って
切れないような形で
開店してしっかり動ける
ということか
大事なのではないかと
思います
でもでクラブ年度運動させ
ようと同国逆に下半身が
この行くんだって
白鳥の形だったり
腕を使うようにしていくと
体が違った
横向きにこのようにシンプル
なからずにうなだれてしま
ったりするのも
ヘッドの重さそのヘッド重量
分以上-
監督だったに負荷をかけてい
くので
体形えられなくなると
日高まだってしまったり
課題を口にするしてしま
ったりということになります
ので
なるべくか阪神時代でから
防衛imp動かしたりえるような
形で
上半身はそのクラブが余計な
動きをしないように答えたり
するような
役割を持っていただければ
しっかりとボールに分かり
やすくなりますので
そういうイメージを持って
練習していただければ
良いのではないかと思います