石川遼のレッスン「ドライバーの方向性を安定させるドリル」

100を斬れない男の基礎中の基礎のゴルフスイング!

今回はですね今自分自身が実際にドライバーで
行っているドリルというのを皆さんにお伝えしたいと思います
[音楽]
自分が意識しているのはなるべくそのドライバーがフェース面がですね
ボールに
当たる前から当たったその後までなるべくフェイスがまっすぐ向いている時間を長く
保ちたいなとそうすることでその方向性をアップさせたいなということに取り組んで
いるんですけどもその一つの練習方法として
だいたいそうですね
10センチから15センチくらい a
ボールから離したところにもう1本キーを指すんですね

これなるべくあの自分の
狙っている目標方向としっかり結んだ位置にくるように
ここが何をするかというこれ普通に打つだけなんですけども
その時に9 t までしっかりクラブが届いて
行く意識で打ちます結果として9 t に届いたかどうか
っていうのが大事になってきます
こっちに金残ってしまうた場合には届かなくなりますし逆にアウトサイドインに入って
きてしまうとこっちがのフォローが短くなってしまうのでこれも届かなくなってしまい
ますなので
イメージとしてはここのボールをしっかり打つんですけれどもこのフォロースルー
というのをながっ
保てるようにっていうのをちょっと意識した練習です
実際にじゃうってみたいと思います
[音楽]

ban
teame
はい今ので多少ですねちょっとここに
一瞬だけかすったような形ですなのであの自分としては今のすごくいい感じで打てたな
という感じですであの
芝の上ではなくてマットの練習場の時はここの下に
例えば500円玉とかですね10円玉とかおいていただいて自分の意識の中でこれを
プログ
のではなくて
ここまでしっかりヘッドが上をしっかり通過しているかどうかという確認作業もできる
と思いますのでぜひ皆さんも試してみてください