松山英樹のメジャー4大会。ウッズ流に言えば「素晴らしい1年」だった

100を斬れない男の基礎中の基礎のゴルフスイング!

松山英樹のメジャー4大会。ウッズ流に言えば「素晴らしい1年」だった
WEEKLY TOUR REPORT。 米ツアー・トピックス。
 今季のメジャー4大会が終了した。
 マスターズ11位、全米オープン2位、全英オープン14位、全米プロ5位。
 これが、松山英樹(25歳)の成績だ。
 かつて、全盛期だった頃のタイガー・ウッズは、賞金王でも、ポイントレースでもない、「メジャー勝利」を毎年の目標に掲げていた。
そして、ウッズはこう話していた。
「もしメジャーをひとつでも勝利できたら、その1年は大成功。
素晴らしいシーズンだったと言える。
しかし、もし勝てなかったとしても、ひとつひとつのメジャーでどれだけ勝てる位置で戦ったか、それがとても重要なことだ」。
 その観点から言うと、メジャー初制覇はならなかったが、そのほとんどで最終日に優勝の可能性があった松山の戦いぶりは、かなり高く評価できる。
素晴らしい1年だった、と言ってもいいのではないだろうか。
 そのメジャー4大会を少し振り返ってみたい。  第1弾のマスターズ。
 おそらく、松山にとってはメジャーの中でも特別な存在だろう。
毎年、このマスターズを目指して戦っていると言っても過言ではない。
 そして今年は、松山への期待が本当に大きかった。
昨年10月から年末まで、日米のトーナメントで非公式大会を含めて5戦4勝と絶好調。
年が明けて2月にもフェニックス・オープンを制し、早々に米ツアー今季2勝目を挙げていたからだ。
さらに、世界ランキングでもトップ5入りし、現地でもかつてないほどの注目を浴びていた。